本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュの旅の記録。福岡市博多区の元寇資料館。天神方面から吉塚営業所行バスで行けます。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

誰も来ないからと土日祝しか開けていない元寇資料館

  1. HOME
  2. 日本の旅コレクション
  3. 福岡市内の観光地 その7

誰も来ないからと土日祝しか開けていない元寇資料館


元寇資料館

元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ
元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ

2015年9月4日、元寇資料館を訪れました。
福岡県警本部の裏にある「日蓮聖人護持教会」なる宗教法人の中にある資料館です。
元寇資料館へは天神方面からは吉塚営業所行バス、日中は相当本数あるので行きやすいと思います。
博多駅方面からは9番系統のバス、こちらは本数が少ないので要注意です。
どちらも、県警本部前下車、約2分59秒で着きます。
地下鉄では馬出九大病院前駅、JR九州では吉塚駅で、どちらも3分位で到着します。
入ってみると夥しい数のハトの群れがお出迎え。先にある売店で来意を告げます。
左手を見ればどデカい像が。この方が日蓮聖人です。歴史で習いましたね。
それにしても、恐ろしいばかりのハトの塊です。ここまで多いと平和の使者という感じでなくて、何とも不気味なイメージです。
ちなみに餌を売店で売っています。だから連中、たむろするのでしょうか…。


元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ
元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ

実はこの元寇資料館、土日祝が常時開館で平日は事前に連絡して開けてもらわないと入館できない、つまり要望があった時に開けるという謎の営業体制となっています。しかも受付時間は午前10時から午後4時までのたった6時間で、やる気の無さが目立ちます。
待つこと数分で僧侶の様な方が、鍵を持って来て開けて300円を払いました。
2階部分が資料館となっているのですが、この案内は何十年前に作ったんですか…と言うような年代物で、手書きと思えるような代物…。今まで、このような年代物(笑)には遭遇したことがなかったので、逆に新鮮ではありました。
弘安の役では高麗軍と江南軍合わせて4000艘の軍船だったらしいので、それを赤い点で示してあるそうです。確かに、多い感じはします。
入場者ですが、なんとこの時は私を入れて2人のみでした…。そして陳列物は、元寇と全く関係の無い江戸時代の武具甲冑まで展示してあって、どうゆうコンセプト・狙いかが全然分かりませんでした。


元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ
元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ

やっと見るべきものが出てきました…。
まずモンゴル兵士が見に着けていた甲冑の類。まさかと思いますが、レプリカではないでしょうね…。感じでは本物のように見えますが…。
次に博多人形、これは結構良かったです。モンゴルからの使者と、応対する幕府側の役人を作っています。結構有名な人形師が作っているそうです。
元寇と関係なくはない、日蓮聖人のことを案内しているコーナーですが、関係としては元寇があることを予言していた…、そのことで“世間を騒がす不埒な奴めっ!”ということで、鎌倉幕府からは迫害を受けていた…と言うのは習ったことがあります。
蒙古軍の甲冑と、これまた歴史の教科氏で出てきた“竹崎季長”。そう、元寇時に奮戦したものの恩賞少なくて腹かいて直談判に鎌倉まで乗り込んだというその絵巻物です。ただ、この絵巻物が本物かどうかは不明ですが(笑)


元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ
元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ 元寇資料館|日本の旅|世界旅行コンシェルジュ

恐らく歴史的価値は無いでしょうが、リアルに元寇時の鎌倉武士の奮戦具合が描写されており、見ごたえはありましたね。
ただ、金を取るような内容ではない、というのが全体の印象でした。万が一、取るようなことがあっても100円ぐらいですね。これで300円も取るのであれば、金隈遺跡や板付遺跡は其のポテンシャルの高さで500円取っても、問題なしですね(何方も福岡市の施設で無料)。
手水舎もありました。信者ではないですが、一応日蓮さんには挨拶しておきましょうか。
あの資料館は昔は普通に毎日開館していたけど、信者ですらそのショボサに来なくなり、ましてや一般人民は来るわけなくて段々放置プレーに…そんなところが真実ではないでしょうかね?雄々しい日蓮さんも、“チャンとやったらんかいっ!”と後姿が語っています。
民間(というか宗教法人でしょうが…)でも、こんな感じの施設があるという、ある意味ショッキングな体験をさせてもらいました…人生いろいろなこと学べますねぇ。
本当にちゃんとした展示物があるのなら、無理せず福岡市なんかに寄贈した方が良いと思います。このままだったら金はかさむし、朽ち果てるのを待つだけだと思います。
元寇防塁跡とか見学して(まあ、こっちもショボイですが…笑)警察や県庁等に用事があり、どうしても300円を使いたくなったら、事前に連絡して行くのもまぁ人生でしょう。


世界旅行コンシェルジュのバナースペース

世界旅行コンシェルジュ

〒810-0053
福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

お問合せ info@world-tc.jp