本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュはヒエラポリス-パムッカレなどトルコの世界遺産の情報を、ドローンも使って発信します。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

世界遺産(トルコ共和国)

  1. HOME
  2. トルコ共和国 世界遺産
  3. ヒエラポリス-パムッカレ

ヒエラポリス-パムッカレ
ひえらぽりす-ぱむっかれ


ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。現在は遺跡が残る。

パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味。綿とあるのは昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地であることによる。

二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となる。その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、その温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものである。

棚田の畦の部分は、流れてきた植物片などがひっかかり、これに石灰分が沈着して次第に堤のように成長する。これは温水が畦を越流する時に石灰分の沈積が化学的に加速するためでもある。このような景観が約200mの高さにわたって形成されている。規模はずっと小さいが、同種の微地形が鍾乳洞内にもみられることがあり、これを畦石池という。


ヒエラポリス-パムッカレ|世界旅行コンシェルジュ

※内容に関しましてはフリー百科事典を参照しています。


世界旅行コンシェルジュのバナースペース

世界旅行コンシェルジュ

〒810-0053
福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

お問合せ info@world-tc.jp