本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュはお客様の目線で【旅】の情報を案内しているサロンです。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

中国旅行記(ハミ三道嶺のSL撮影)

  1. HOME
  2. 中国旅行記
  3. ハミ三道嶺のSL撮影

ハミ三道嶺のSL撮影
はみさんどうりょう


新彊ウィーグル地区のハミ三道嶺のSL撮影…
日本の本線はおろか構内線からもSLが消えてしまって、早三十数年。
大井川鉄道を初め保存線やイベントなんかではあるのですが、例えてみれば、それは動物園…。
良くてサファリパーク。人工的な作られたものでしかありません…。
それに比べて、ハミ三道嶺のSLは炭鉱の構内線とはいえ、バリバリの現役なんですぜっ!!
中国世界遺産を調べてる途中でひょんなことから、このSLの存在を知り、もう仕事そっちのけで、調べまくって、旅程の中に無理やり組み込みましたぁ(;^_^A
そのためにトルファンが抜けられましたけど…何か?
このSLは露天掘りの炭鉱の石炭の積み出しを国鉄線まで、している炭鉱の構内鉄道です。
ハミ南駅からも60km以上…遠い(ノ_-。)
こりぁ、専用車にガイドがいないと何にもできませんぜっ…。
でも昔は、結構、日本人が撮影に来たらしく、私が1日だけ…といったら「日本人は普通2~3日はいますよぉ~」と、ガイドのウィーグル族のグリーさんから笑われた…。
もう書き出したら、きりがないのでここらで文章は打ち止め…。
もう入場許可も撮っているので、危険のない範囲で入りまくって撮りまくり(#⌒∇⌒#)ゞ
ただ勾配と進行方向の関係で、石炭満載で、蒸気を勢いよくはきまくって、前向きに上ってくる…。
てな、虫の良い感じにはなりませんっ(ノ_-。)
バックが多かったり、押したり、下り勾配…。
それでも三十数年ぶりのSL撮影は童心に戻りあまりに遅いので、ウィーグル族の良か親父の運ちゃんが迎えに来るくらいでした…。
それでも、連行途上にも2回ほど撮影。
では仕事そっちのけの、鉄ちゃんのSL撮影をとくとご覧あれ。












※他の記事は、旅のコレクション「Compathy」からも閲覧できます。
 詳しくはこちらへ … ☛ https://www.compathy.net/users/652158954917486/logbooks