本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュはお客様の目線で【旅】の情報を案内しているサロンです。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

世界遺産(中華人民共和国)

  1. HOME
  2. 中華人民共和国 世界遺産
  3. 紅河哈尼棚田群の文化的景観

紅河哈尼棚田群の文化的景観
こうがはにたなだぐんの<br>ぶんかてきけいかん


紅河ハニ棚田(こうがハニたなだ、中国語: 紅河哈尼梯田)は、中華人民共和国雲南省紅河ハニ族イ族自治州内に広がる棚田群。

紅河南岸の哀牢山中にあり、元陽県を中心に紅河県・緑春県・金平県など複数の県に及ぶ。総面積約54000ヘクタールで、最大標高1800メートル、最大勾配75度の斜面にまで築かれている。この地に移住してきたハニ族の人々が8世紀頃から営々とつくり広げてきた。国連食糧農業機関(FAO)により世界農業遺産に認定した世界最大の棚田群である。

世界一の棚田を1300年かけて築き上げたのは、少数民族・ハニ族の人々である。他民族に追われ奥深いこの地にたどり着いた彼らは、気の遠くなるような労力で山肌を耕し、独自の灌漑技術と農法を磨いてきた。森や霧など自然を巧みに利用した棚田は、一つの巨大な循環システムでもある。ハニ族が独自に稲作を始め棚田を築いたように紹介したが、水稲耕作は水の確保と収穫時の水はけを両立しないといけないため最初は棚田方式から始まったと考えられるからである。


紅河ハニ棚田|世界旅行コンシェルジュ

※内容に関しましては中国国家観光局のサイトから引用させていただいてます。


世界旅行コンシェルジュのバナースペース

世界旅行コンシェルジュ

〒810-0053
福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

お問合せ info@world-tc.jp