本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュはお客様の目線で【旅】の情報を案内しているサロンです。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

世界遺産(中華人民共和国)

  1. HOME
  2. 中華人民共和国 世界遺産
  3. 麗江古城

麗江古城
れいこうこじょう


氷河をいただく玉龍雪山のふもとに広がる麗江の街は大研鎮とも呼ばれる。中国の歴史的文化名城の中で、唯一城壁がなく、最も民族的な特色を備えた古城である。平均標高が2400mのこの古城には、東巴(トンパ)文化を持つ納西(ナシ)族が住む。トンパ文化とはナシ族独自の伝統文化で、トンパ文字は現在世界で唯一の「生きた象形文字」。ナシ古楽はナシ族の人々の間で受け継がれてきた古代音楽を指し、唐代、明代など古代国内外の歌詞歌曲を含み「活きる音楽博物館」と賞賛されている。ナシ族のルーツは中国北西部の遊牧民族といわれるが、宋時代末から元代の初めにかけて麗江の地に定住して町を築き上げてきた。そのような麗江の歴史やナシ族の文化を旧市街の「老街」に見ることができる。繁華街の「四方街」を中心に広がる迷路のように入り組んだ石畳の町並みは、ナシ族の建築様式による木造民居や商店が並び、数百年前と変わらない佇まいだ。民族衣装をまとったナシ族の姿が風情を醸し出している。麗江古城はまた「高原水郷」とも呼ばれる。3 本の川が市内を貫き建築物のほとんどが川沿いに建てられ、川と並行する建築の長廊が形成されている。市街地北部にある「玉泉公園」は玉龍雪山の景色を鏡のような水面に映しだす大きな泉「黒龍潭」や、明代創建の「五鳳楼」をはじめ、美しい景観を楽しめる。 麗江の顔ともいえる「玉龍雪山」は、標高5596mの氷河をいただく美しい山である。市街地から玉龍雪山へ向かう途中には、ナシ族の村である「束河村」や「白砂村」へ立ち寄ることができる。この束河村では16の民居が重点保護民居に指定されている。老街が都会とするなら、この村はナシ族の田舎といえる。白砂村の見どころは、ラマ教の「大寶積宮」と仏教の「瑠璃殿」、異宗教が同じ敷地に同居していること。仏教や道教、ラマ教などの教えを一つにまとめた珍しい壁画「如来系図」も見ることができる。世界最大の椿があるラマ教寺院「玉峰寺」にも立ち寄りたい。

紅河南岸の哀牢山中にあり、元陽県を中心に紅河県・緑春県・金平県など複数の県に及ぶ。総面積約54000ヘクタールで、最大標高1800メートル、最大勾配75度の斜面にまで築かれている。この地に移住してきたハニ族の人々が8世紀頃から営々とつくり広げてきた。国連食糧農業機関(FAO)により世界農業遺産に認定した世界最大の棚田群である。

世界一の棚田を1300年かけて築き上げたのは、少数民族・ハニ族の人々である。他民族に追われ奥深いこの地にたどり着いた彼らは、気の遠くなるような労力で山肌を耕し、独自の灌漑技術と農法を磨いてきた。森や霧など自然を巧みに利用した棚田は、一つの巨大な循環システムでもある。ハニ族が独自に稲作を始め棚田を築いたように紹介したが、水稲耕作は水の確保と収穫時の水はけを両立しないといけないため最初は棚田方式から始まったと考えられるからである。


麗江古城|世界旅行コンシェルジュ

※内容に関しましては中国国家観光局のサイトから引用させていただいてます。