本文へスキップ

世界旅行コンシェルジュはアンコール遺跡などカンボジアの世界遺産の情報を、ドローンも使って発信します。

お問合せ : info@world-tc.jp
〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

世界遺産(カンボジア王国)

  1. HOME
  2. カンボジア王国 世界遺産
  3. アンコール遺跡

アンコール遺跡
あんこーるいせき


アンコール遺跡(アンコールいせき、Angkor)は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側にあったクメール王朝時代の遺跡群である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

アンコール遺跡群は現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡である。

この地には、9世紀頃から数々の王建設が開始された。この遺跡に特に大きく関わったとされるのはスーリヤヴァルマン2世(1113-1145年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1218年)といわれる。スーリヤヴァルマン2世は特にアンコール・ワットの建設を行い、その死後30年ほど後に王に就いたとされるジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムの大部分を築いたとされる。

しかし、ジャヤーヴァルマン7世が崩御した後のアンコールはアユタヤ朝の進入を度々受けその存在を侵され始め、その後ポニャー・ヤット王にはついにアンコールを放棄するに至った。


アンコール遺跡|世界旅行コンシェルジュ

※内容に関しましてはフリー百科事典を参照しています。


世界旅行コンシェルジュのバナースペース

世界旅行コンシェルジュ

〒810-0053
福岡市中央区鳥飼1-1-27
エトワール大濠9F

お問合せ info@world-tc.jp